商品情報にスキップ
1 / 1

Takashima Kanamonoten

【抹茶碗】森川緑粉引抹茶碗 森川作

通常価格
¥926 JPY
通常価格
セール価格
¥926 JPY
配送料はチェックアウト時に計算されます。

サイズ・直径12cm×高さ7.5cm


■生産地:美濃(日本)
■素材・成分:陶器
■安全・安心:鉛・カドミウム検査合格品となります。


リーズナブルな抹茶碗です。


岐阜県・東美濃で生産される多種多様な焼物『美濃焼』。
長い歴史と伝統に支えられた美濃焼は、
食器類の生産が全国シェアの約60%を占めており、
日本の焼物の代表といっても過言ではありません。


日常生活の中で何気なく使われ、知らないうちに溶け込んでいる焼物。
それが『美濃焼』です。


美濃焼の歴史は古く、今から1300年以上前まで遡ります。
最初は朝鮮半島から須恵器の技術が伝えられました。
平安時代(10世紀)になると白瓷と言われる灰釉を施した
陶器が焼かれるようになりました。
この白瓷は須恵器を改良し、釉薬を使ったものです。
この頃から窯の数も多くなり、本格的な焼き物生産地となりました。


安土桃山時代から江戸時代初頭にかけて、茶の湯の流行と共に
茶人の好みを反映した焼き物が生産されました。


昭和初期には高級品需要も増え、益々の機械化と同時に技術も
著しく向上しました。 窯も炭窯から重油窯・シャトルのガス窯・
トンネル窯、ローラーハースキルンへと進化すると同時に、
歩留りの向上・製品の均一化・大量生産化に繋がっていきます。


幸い戦火にみまわれず、幾多の不況にもうち勝ってきた美濃焼は、
今となっては圧倒的に名実共に日本一の生産量を誇っています。
洋食器は国内生産の約51%、和食器は約58%、タイルは約41%です。
いわゆる日本で使用する食器類の過半数が美濃焼で占められています。